戻る

THE WAKO1, DEVELOPED BY WAKO GIKEN KOGYO, AUTOMATICALLY INSPECTS PRODUCTS.

ワークの傷、Wako1なら見逃さない!
WAKO GIKEN | 和光技研工業

円筒部品の外観傷検査を専用検査機で自動化!

自動外観傷検査機 Wako1

機械判定による正確でムラのない検査が可能

Wako1は、これまで目視で行ってきたワーク(円筒形状)の検品作業を自動化することが出来ます。
人の目視による検品作業では、集中力の維持が必要で長時間の作業となれば、どうしてもミスが起きてしまいがちでした。しかし、Wako1ならその心配はありません。

Wako1は、KEYENCE製の高性能カメラから瞬時に分析し製品の合格/不合格の判定を即座に下します。
もちろん、疲れによるミスなどはなく、時間の許す限りムラのない安定した検査が出来ます。

クリックで動画再生。製品の傷の検査を自動で行う自動外観キズ検査機の紹介動画です。

クリックで
動画を再生

主な特徴

・円筒形状の部品外観の傷検査を自動化します。

・お客様のワーク形状に合わせて検査機をカスタマイズします。

・完全受注生産による最適な検査機の製作をいたします。

・100V電源のみで動作可能です。

・エアーは必要ありません。

ワークをストッカーに投入してボタンを押すだけ! Wako1の使用方法

検査対象のワークをWako1のストッカーに投入してスタートボタンを押すだけで検査が開始されます。
一本づつ自動で外観を検査していき、OK品とNG品を判別し振り分けます

また、Wako1の外観検査では判断しづらい確実性に欠けるワークは、グレー判定として別に振り分けます。
これは、人の目で検査をし、判定基準を調整していくことで自動検査精度を高めていくことが出来ます

検査対象のワークをストッカーに投入すると検品が自動で始まります。

タッチパネルで簡単操作

視認性の高いタッチディプレイを採用し、直接画面にタッチし直感的に操作が可能です。
KEYENCE製の検査カメラから取り込まれた画像の処理もここで細かく調整できます。
ワークキズの該当箇所は+で表されます。

自動キズ検査機の操作は視認性の高いタッチパネルにて行います。

省スペースな本体設計

Wako1は、事務机ほどのサイズなので、あまり場所を取らずに様々な場所で設置することが出来ます。

自動外観キズ検査機の大きさは事務机ほどしかありませんので色んな場所に設置可能です。

検品作業自動化による現場の変化

・キズの見逃しゼロ → 信頼性の向上

・検査コストの低減 → 収益性の向上

・検査負担の軽減 → 人材不足の解消

・製品の判別、異物混入の防止 → 検品作業の低減

自動外観キズ検査機 Wako1

機械仕様


電圧(V) : 100

本体寸法(mm) : W900 × D600 × H1600

検査用カメラ : KEYENCE

自動外観キズ検査機 Wako1の機械サイズを表示しています。

納品までの流れ

お客様のワーク形状に合わせて完全受注生産のもと最適な検査機を製作し納品いたします。
ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

仕様打ち合わせ テスト検査
注文
製造・組立
出荷前検査
出荷
搬入・据え付け・試運転
保守・メンテナンス
この製品について問い合わせる

価格表記のある製品について :

表記してある価格は、ページ作成日時点の価格であり予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。